ActiveReports for .NETで作成した帳票を使用できますか?

はい、使用できます。ActiveReports for .NETで作成した、XML形式のセクションレポートファイル(RPXファイル)、ページレポート/RDLレポート(RDLXファイル)は、そのままActiveReports Serverにアップロードして管理・運用することができます。これらのファイルをアップロードする方法については、管理者ガイドの以下のトピックをご覧ください。

[セクションレポート(XML)の使用]
[ページレポート/RDLレポートの使用]

 

また、コード形式のセクションレポートファイル(*.vb,*.cs形式)も.NETアセンブリにコンパイルすることによって、ActiveReports Serverにアップロードして管理・運用することができます。ただし、アップロードするコンパイル済みレポートアセンブリは、以下の要件をすべて満たしている必要があります。

  • 厳密名を持つ有効な.NETアセンブリである必要があります。
  • ターゲットプラットフォームがAnyCPUに設定されている必要があります。
  • コンパイルのターゲットフレームワークが.NET Framework 3.5以上に設定されている必要があります。
  • そのすべての依存関係がサーバー側で解決できる必要があります。
    • 注意: コンパイルした.NETアセンブリ内で参照できるActiveReports 11.0Jのアセンブリは、ActiveReports 11.0J Serverのサイトにインストールされているアセンブリのみです。ActiveReports 11.0J Serverのサイトにインストールされていないアセンブリを参照している.NETアセンブリはアップロードすることはできません。サイトにインストールされているアセンブリは、「診断」ページで確認することができます。
  • コンパイル済みレポートアセンブリで参照するActiveReports for .NET 11.0Jアセンブリのバージョンが、ActiveReports 11.0J ServerにインストールされているActiveReports 11.0Jアセンブリのバージョンと同じか、それより古い必要があります。
  • 少なくとも1つのセクションレポート(コード)が含まれている必要があります。
  • そのすべてのレポートがパラメータのないコンストラクターを持っている必要があります。

コード形式のセクションレポートファイルをアップロードする方法については、管理者ガイドの以下のトピックをご覧ください。

[セクションレポート(コード)の使用]

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。