ActiveReports for .NETで作成した帳票をActiveReports Serverにアップロードして運用する場合、ActiveReports for .NETのコアサーバーライセンスは必要ですか?

いいえ、必要ありません。ActiveReports Serverにアップロードした帳票は、ActiveReports Server内のアセンブリDLLファイル等を使用して実行されます。よって、ActiveReports for .NETの再配布可能ファイル(アセンブリDLLファイル)の配布をする必要がないため、コアサーバーライセンスの購入は必要ありません。

ただし、ActiveReports for .NETの機能を使用した「サーバーアプリケーション(WEBアプリケーション)」をActiveReports Serverの帳票管理サーバーや、帳票実行エージェントをインストールしたマシン上に配布する場合、配布するマシン(Webサーバー)1台に対し、プロセッサーのコア数に応じたコアサーバーライセンスが必要になりますのでご注意ください。

この「サーバーアプリケーション」とは、サーバーコンピュータ上で実行されるWebアプリケーションなどのアプリケーションを指し、ActiveReports for .NETの機能(例:Flashビューワ)やActiveReports for .NETの機能を用いて作成したファイルや画像、データ等をネットワークを介して他のクライアントコンピュータへ提供する形態のものを指します。

ライセンスについてご不明な点がある場合には、ActiveReports for .NETのコアサーバーライセンスの使用許諾契約書をご確認いただくか、弊社窓口にお気軽にお問い合わせください。

ActiveReports for .NETのコアサーバーライセンス使用許諾契約書
コアサーバーライセンス早わかりガイド
お問い合わせ窓口

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。