帳票実行エージェント1つにつき、どの程度の帳票要求を処理できますか?

1つの帳票実行エージェントで処理できる同時実行数の上限は特に決まっていません。これは、以下の要素が関与するためです。

  1. 単一時間あたりの帳票実行の同時リクエスト数
  2. エージェントがインストールされたマシンのCPUコア数
  3. エージェントがインストールされたマシンの空きRAM容量
  4. 帳票のデータソースとなるデータベースのレスポンス時間
  5. 帳票データのキャッシュ設定
  6. ネットワークのパフォーマンス
  7. 帳票(帳票定義ファイル)の複雑さ

実際のパフォーマンス(処理速度、メモリやCPU等のリソース消費量、等)についても、これらの要素に依存します。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。